BLOG TO THE DESTINATION

お引渡しをご紹介。

土地探しからスタートして、会社を決めて、プランを決めて、金額を確認して。

契約をして、クロスを決めて、設備を決めて、色を・・・etc・・・。

 

本当に長い長い時間をかけて、たくさん、たくさん、本当にたくさん悩んでようやく迎えるお引渡し日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建築を決断されたお客様にとっては、待ち望んだ「記念日」です。

このお引渡し日。お引渡しの作業で2~3時間かかります。

どんな流れになるのか、当日の流れを実際のお引渡しの例でご紹介。

 

AM10:00よりお引渡し

スピークススタッフ(営業担当者・工事担当者)が現場にてお待ちしています。

お客様がご到着されたら、さっそく機器説明が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付けられている機器の取り扱い説明を専門業者や取付を行った業者より行っていきます。

主に行われる取り扱い説明は・・・

・電気系統(スイッチ、照明、アンテナ等)・水道配管系統(水抜き、給湯、冬場の対応等)

・住宅設備機器(キッチン~エコキュートなどの設備)

大体この作業で1~2時間。写真は電気設備の案内中です。

 

その後、書類の説明になります。

火災保険や、引き渡し書類、住まいの細やかな注意事項。

書面や写真を確認しながら、行っていきます。

最後に鍵の受け渡しをして、お客様自身に玄関ドアの鍵を指し込んでもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

施錠と開錠を行って、鍵の使用を確認。

その後、工事キー(工事中に使用していた鍵)を差し込んでもらい、工事キーが使えなくなったことを確認してもらいます。

この作業で40分~1時間。

 

これでようやく、お引渡しが完了です。

 

お引渡しの最中に、引っ越しの荷物やオーダーカーテンの取付が行われたりもしています。

実際にこの時はご購入されたダイニングテーブルとオーダーカーテンの設置が行われていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お仕事の都合上、立ち会わなくてはならない作業は同日にまとめたいですよね。

お客様の選んだカーテンや家具が入ってくると、ガラリと雰囲気が変わるので、その場に立ち会えるのは嬉しい限り。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、「建ててよかった」と笑顔で言ってもらえ、喜びもひとしお。

これから引っ越し作業で、怒涛の毎日かもしれませんが、

ひと段落して「ほっ」とできる瞬間。

お客様の安らぎの空間が「ワーズの家」であることが誇りです。

 

土地探しから始まり、たくさんの検討を繰り返し、ようやく完成したオンリーワンの「ワーズの家」

本当に長い期間、お疲れ様でした。

これからたくさんの時を経て、より住み良く、心地の良い家になりますように。

お引渡し後も、お客様のより良い住まいのため、スピークスは末永くサポートさせて頂きます。

 

 

カテゴリー

PAGE TOP