BLOG TO THE DESTINATION

地鎮祭を行いました。

こんにちは。

梅雨入り前!!

天候に恵まれ快晴の中【地鎮祭】が行われました。

 

 

 

 

 

 

地鎮祭とは【家を建てる際の工事の安全を祈願する儀式】です。

 

 

 

 

 

 

手前にある砂山には【鍬入れの儀】と言って、工事に関係する人「設計・お施主様・工事」が順に

鎌・鍬・鋤(かま・くわ・すき)で刈る、掘る、抄うを行います。

土地に人間が手を加えるため、その土地の神様に建築のお許しを得る意味があるそうです。

 

 

 

 

 

 

「エイ!エイ!エイ!!」とチカラを込めて行います。

初めてなのでもちろんお施主様は緊張しますし、そのご家族の「がんばれ」という想いが伝わってくるので

こちらもドキドキしながら見守ります。

 

 

 

 

 

 

お施主様、ご家族皆様に玉串奉奠(たまぐしほうてん)してもらい、神酒拝戴(しんしゅはいたい)を行って完了となります。

だいぶ簡略してしまっておりますが、、、他にも祝詞や降神の儀など様々なことが地鎮祭では行われます。

降神・昇神の儀では神主が『おぉーーーーーー』と大きな声を出し神様をお迎え/お送りするので、

見どころ(?)というのはおかしい気がしますが、、、なかなか経験できないものなので、とても貴重です。

ともあれ!!工事の安全を祈願し晴れて着工となります。いよいよ家づくりがスタートします!!

どんどん進んでゆく現場をご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

 

最後に、供物の中に見つけたキャベツがあまりに新鮮で、きれいでおいしそうで、、、

『おいしそう』と思っていたら、声に出していたらしく、「うちのキャベツだよ」とお母さまから返答が・・・。

畑を見せてくれました。

 

 

 

 

 

 

畑のキャベツを初めてみました。

本当に立派できれい。

ちゃっかりお土産で頂いてしまい、恐縮ですが、、、。

パリパリなのに柔らかい!!・・・表現ができない自分がとってももどかしいですが

とにかくおいしかった!!

採れたてキャベツに感動でした♪

カテゴリー

PAGE TOP