BLOG TO THE DESTINATION

意味を知る。

先日、お出かけついでにとある神社へ。

 

 

 

着物を着ているお子さんが多く「何かな~?」と思っていたら

世間は七五三の季節だったんですね。

パステルカラーの可愛らしい着物にメイクを施したお人形さんの様な女の子たち。

普段はできない格好で、嬉しそうにニコニコしている姿。

見ているこちらまで微笑んでしまいます。

そういえば、何のために七五三ってあるんだっけ?っと思い調べてみました。

 

昔は乳幼児の死亡率が高く、生まれてから3~4年たってから戸籍に登録していたそうです。

そのため、子供が無事に成長したことへの感謝と幼児から少年・少女期への節目にこれからの

将来と長寿を願う意味があるそうです。

【子供の成長と幸せを願い、神様にお祈りと感謝をするお祝い】

子供の頃は着物を着て、おいしいものを食べて飴がもらえるイベント。

と単純な考えでしたが。。。

こんなに幸せが詰まったお祝いだったなんて。

幼少期に七五三をしてもらえたことに、気持ちがじんわり温まりました。

家族の愛情がギュッと詰まったイベントなんですね。

 

 

 

 

 

 

ちなみに753の数字の由来は室町時代までさかのぼり、、、

3歳:男女とも髪を伸ばし始める、髪置(かみおき)

5歳:男の衣服である袴を着る、袴着(はかまぎ)

7歳:女の子の着物帯の装い始める、帯解(おびとき)

という習慣があり、理由としては

三歳で言葉を理解するようになり、

五歳で知恵づき、

七歳で乳歯が生え代わるなど、

発育してゆく上で病気にもなりやすく、様々な危険を伴う時期なので、健やかな成長を氏神様にお祈りをしていたそうです。

子供の成長に合わせた親の愛情が風習を作っているんですね。

 

その時期だからやらなくちゃ。

忙しいから、簡単に済ませちゃおう。

風習を軽~く考えてしまうこともある私ですが。

意味を知れば、やっぱり大切にしたい風習ですね。

代々続く愛情風習。

 

 

 

 

 

 

知らないとやる気が起きない。

でも知ってみると、気持ちもついてくる。

身近なものを少し丁寧に見つめてみると、素敵な発見があるかもしれませんね。

 

 

 

 

カテゴリー

PAGE TOP