BLOG TO THE DESTINATION

歩こう、と思った。話を聞きたい、と思った。360㎞を歩き抜いて見えた福島の今。

昨年 夏。

弊社 吉田と対談した 作家 古川 日出男 さん。

あらゆるものを変えた「東日本大震災」から10年を目前に、

今の現状を確認しようと立ち上がり行動してくれました。

中通りと浜通りを “歩いて” 縦断。

その距離 360km を徒歩で。

報道からこぼれ落ちる現実のひとつ、ひとつと真剣に向き合ってくれました。

一部はテレビでも放映されました。

放映されなかったもっと深い部分。

360㎞を歩き抜いた人間だからこそ見えた福島の今。

多くの方に知って、感じて頂けたら幸いです。

 

【 0f ゼロ エフ 】

作家 古川 日出男

 

 

カテゴリー

PAGE TOP