BLOG TO THE DESTINATION

気を抜くこと勿れ。

8月に入り、ついに夏本番といった感じですね。

 

 

 

 

猛暑。酷暑。

文字にしてみると改めて、すごい暑さなんですね。

暑さの表現が様々ありますが、レベルごとの表現があるのをご存知ですか?

 

レベル1「炎昼」えんちゅう

真夏の焼けつくような昼のこと。一日でもっとも暑い時間帯。

 

 

 

 

レベル2「極暑」ごくしょ

一年でもっとも暑い時をいう。時期的には7月下旬から8月初旬。

・・・暑さの極み??極めた暑さがレベル2というのも暑がりの私には恐ろしい限りです。

 

 

 

 

レベル3「炎暑」えんしょ

真夏の燃えるような暑さ。

極めた上に燃える。。。あぁ~っついですね。

 

レベル4「酷暑」こくしょ

気温の上昇と高い湿度が加わった、きわめて不快な暑さ。

ついに不快という言葉が…うんざりする暑さ。考えただけでうんざりです。

 

 

 

 

番外編「油照」あぶらでり

薄曇りで風がなく、脂汗がにじむようなじっとりとした蒸し暑さ。このうえなく不快な暑さ。

もはや暑さというより、調理法の様な名前ですね。

 

あまりの暑さに注意報が出ている地域もあります。

無理は禁物です。

少しでもつらいな、怠いなと感じた際は水分をとり、涼しい場所で休憩を。

まだまだ平気と思っていても、寝不足や疲れなどほんの少しの要因でも起こる場合もあります。

 

室内にいても起こることがあるので、やはりこまめな水分補給は大切です。

そして室内の温度管理も大切です。

外気の熱に影響されず、快適な室内。

断熱がきちんと施工されているからこその快適空間です。

 

 

 

 

 

もちろん断熱材の性能も大事。

 

 

 

 

 

より良い断熱材を用いて、プロが施工する。

そしてお客様オリジナルの空間。

性能も心地よさも、そしてデザインも。

ワーズの家は一つも手を抜くことなくオンリーワンの住宅をご提供します。

カテゴリー

PAGE TOP