トチノキ-2

Tochinoki トチノキ

トチノキ(栃の木)

近年ダイニングテーブルとしての人気が高まっています。木質の芯が黄金がかった黄色で、周辺は白色で綺麗な杢目が出るのが特徴です。その綺麗な杢目から多くは家具に利用されてきました。なめらかな木肌と光沢が最大の特徴です。国産の栃でもあまり和のテイストを感じさせない、洋にも和にもあう木目、雰囲気は独特のものがあります。

学 名 Aesculus carnea
科 目 トチノキ科トチノキ属の落葉広葉樹
産 地 北海道南部、東北地方に多い。本州全域、九州に自生する。
色 調 全体に淡い紅黄白色から淡黄褐色で光沢がある。
用 途 家具、楽器、建築材、椀、盆、茶道具、工芸材料
天然無垢一枚板  トチ
自然塗料仕上げ アイアン脚含む
サイズ 2340×1100〜920×56

<展示品価格>
¥700,000  ¥550,000

PAGE TOP