BLOG TO THE DESTINATION

紡ぐ言葉。

ついに時代の区切りを迎えました。

昭和という時代から平成へ。

大きく変化し、進歩した時代。内平外成。

平和の達成を願い、名付けられた時代を経て迎える『令和』。

明日への希望を咲かせられるように名付けられた元号。

 

 

 

 

 

 

一つひとつの言葉に込められ、託された想いや願い。

巡り巡り、廻り廻り。

時には足掻き、時には身を委ねて。

様々な時を経て、乗り越えて、先人たちが創り上げた時代の一区切り。

西暦にしてしまえば、経過ですが、日本特有の『元号』という時代に意味を持たせ

希望と願いを込めた言霊に。

 

言葉には大きな力があります。

人を励まし、奮い立たせることも

諭し、導くことも

寄り添い、慰めることも

そして時には傷つける刃にも。

 

人々が心美しく協力し、明日への希望を咲かせることを願う『令和』

代々続く日本の伝統を受け継ぎ、守る文化。

 

 

 

世界に視野を持ち先進国である日本の文化。

 

 

 

 

新たな言霊を乗せた新しい時代。

伝統と発展。

元号という伝統的な呼び名に、未来の希望を託し。

先人から託された伝統とこれからの発展を願う新時代。

 

今も昔も変わらない紡いで行く『言葉』。

これから新たに迎える時代が多くの方が優しい言葉を授かり

また優しい言葉を紡いで行ける時代でありますように。

 

カテゴリー

PAGE TOP