BLOG TO THE DESTINATION

華のトウキョー。

秋が駆け足でやってきますね。

寒暖差が激しく、服選びが難しい毎日です。

ファッションやおしゃれにあまり興味はありませんでしたが、

私服の機会が増えたので、慌てて服を探しに。

ベロア?アロハ?と驚かれる間違いを未だやらかしますが、

ようやくウィンドウショッピングに楽しさを感じ始めました。

雑誌は季節感がつかめないので、街中のすれ違う方々が私のファッションの先生です。

 

さて、すれ違う女性を見すぎてしまう昨今。

住宅の断熱を学ぶため東京へ。

 

 

 

外気0度を想定した、巨大な冷凍庫の中に、同じ間取りで時代ごとの断熱状況の温度を体感できるという

 

 

 

画期的なLIXILショールームへ。

驚きますよー。電気代。

まずは!

 

 

 

 

 

昔のお家。

サーモグラフィーで見れるんです。

窓を見てください。真っ青・・・。全部屋同じ20度設定のエアコンをかけても

窓から、壁から、床から、、、室内の熱はどんどん外部へ流れていきます。

足先はヒンヤリ。エアコンのない洗面やトイレは冷蔵庫並みの寒さでした。

ちなみに現在の約半数の世帯はこの状況のお家らしいです。

次は、

 

 

 

 

今のお家。

床の色が断然変わりましたね!先ほどの部屋ほど底冷えする感覚はなくなりました。

それでもまだ暖房の無い洗面トイレは極寒です。

皆様、左上の金額にお気づきですか?

そうです。エアコンの電気使用量の目安が出ています。

ここにも注目して、、、

次行ってみよー!

 

 

 

 

これからの家。

国の定める基準として、掲げられている省エネ基準の中でも一番の性能のHeat20 G2仕様のお家。

昔のお家と比べて、サーモグラフィーの色もエアコンの使用料金も驚く違い。

スリッパを履かなくても足も冷えない上に、自動運転の20度設定のエアコンは運転を停止していました。

 

ちなみに外から見ると、、、

 

 

 

 

昔の家は窓が真っ赤。

これは室内の熱が外に逃げている証拠です。

ペアガラスは空気層で外部と遮断されているため、室内の熱は漏れていません。

なのですごく冷たい。

「これからの家」にある中央部の色の変化は私がベタベタ触って確認した熱が残っていました。

 

体感してしまうと、、、新しいお家に住みたい。

と、つくづく思う研修でした。

一般の方も体感できるショールームです。気になる方はぜひとも訪れてみてください。

 

いろんな人を見すぎて、首が痛くなりました。

どれだけキョロキョロしていたのか、、、田舎者全開だったのか不安です。

 

勉強!友達!肉!と華のトウキョーを満喫した貴重な時間でした。

ほかのお勉強内容も、ブログへ掲載していきます♪

カテゴリー

PAGE TOP