BLOG TO THE DESTINATION

「喜ばれる」

25年前初めて、この住宅業界に携わって驚いた事は、建築中や引渡し後に社員や上司や職人さんが、「それは仕方ない」「それはお客様のわがままだ」等という言葉が平気で飛び交っている事でした。何千万も支払い、納得のいかないお客様の顔を見る度に、これでいいのか?お客様に満足されなければ、会社は、私たちは、なんの為に仕事をするのか?という疑問を常に抱いておりました。それから長期間「お客様に喜ばれる」、「いい家」だけを必死に考えてまいりました。価格、素材、デザイン、性能、メンテナンス性、全てのバランスが取れて初めて「いい家」となります。全ての商品がそうですが、「素材」「つくり手」「つくり方」に妥協しない商品でなければ、最高の品質は保てません。そして第一に、「お客様に喜ばれる」事が先で、会社の利益が後でなければ、お客様に本当に満足され「喜ばれる」家は決してつくれません。

 

家づくりは、料理と非常に似ています。「いい素材」を「腕のいい料理人」が「手間をかけて」初めて美味しい料理ができます。家づくりもこれと同じです。「いい素材」を「腕のいい職人」が「手間をかけて」いい家づくりが可能となります。これは、工務店でも、大手ハウスメーカーでも絶対変わりません。家づくりは、その現場で地域の職人が携われなければ、建築は不可能だからです。

世界中のファッションやあらゆる商品がそうですが、「いい素材」を「腕のいい職人」が「手間をかけて」創る物が最高の品質になります。そんな家は30年、50年、80年経っても価値のある最高の家になります。当社は、厳選素材を直接取引や独自のルートで調達し、自社で設計、施工を行い、中間マージンをカットし、徹底したコストダウンを図っております。より多くの皆様が、最高の素材と品質につつまれる暮らしを提供できるように努力することが私たちの使命です。

 

目先の価格重視のローコスト住宅で、安い素材で、安い三流の職人がつくり、やらなければならない工事をカットする家を月々6万の支払いで購入し、築10年未満でリフォームローンを組み月3万プラスして、毎月9万、10万の住居費を支払っている等というお客様からのご相談も数多くあります。こんな話を聞くたびに、業界に対する強い憤りを覚えております。業界全体が「いい家」だけを創ることを目指し切磋琢磨すれば、クレーム産業などと言われる汚名はなくなり、多くの皆様が長期間老後まで、住まいの豊かさを実感できる家になると考えております。

 

弊社はお客様に還元するべく、少数精鋭の経験豊富なプロフェッショナル集団です。さらにあらゆる外部の専門プロとパートナー契約をしております。お客様からのご依頼がありましたら、当社の建築士、建築・土木施工管理技士、宅地建物取引士、インテリアコーディネーター、外部の専属パートナーの、司法書士、土地家屋調査士、税理士などの意見を交え、全スタッフで協議しお客様に最適なご提案を致します。ご相談は無料です。お気軽にご希望をお聞かせください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

カテゴリー

PAGE TOP