<高耐久リフォーム>のすすめ

Speaksの<高耐久リフォーム>は生涯安心!!

Speaksは新築メインの会社です。ところが私たちのところには数多くのリフォームのご相談がきます。

そもそもなんでリフォームするかというと、屋根、外壁、内装、あるいは水回りが「劣化してきた」「見た目が悪くなった〜」「もっと長持ちさせたい」という事が理由です。

図−1をご覧下さい。一般的なリフォームで最初に行うのが屋根、外壁の外装周りです。早い住宅で10年〜15年ごろに行わなければなりません。しかし、家を新築した時期が子供の小学校入学前、6歳前後とすると、大学卒業が16年後なので、教育費の出費が無くなった後、15年〜20年後にようやく外装周りのリフォームを行う方が多いようです。
そうすると35歳前後で新築していると仮定すると、50歳〜55歳でリフォームを行うことになります。教育費の負担が終了した後、ようやく余裕が出てきてリフォームを検討する、といったケースが多い傾向にあります。

 

図−1


しかしここで大きな問題がある事に気づかず、そのまま屋根、外壁の塗装に入ります。
屋根は、当初の工場焼き付け塗装と違い現場塗装になるため、塗り替え後の耐久性が非常に短いのが欠点になります。外壁も同様です。
55歳で塗装をして、屋根はよくて10年後に再塗装が必要になります。外壁も通常の塗料で塗装した場合は、同じ現象が起きます。つまり、65歳の定年退職時に再度外装の塗装をする、ということです。これに気づかずにリフォームを行い、85歳〜90歳が寿命とすると、それまでに合計3度の塗り替えを行わなければ、外観はキレイに保てないということになります。
そこで、私たちSpeaksへの相談が増加しております。

Speaksの高耐久リフォームは、長持ちするから生涯安心です。

1 プロによる徹底した調査を、あらゆる角度から数日間かけて行います。

    ↓

2 様々な素材をご用意し、お客様の建築地、間取り、環境などを考慮した上で、最適で耐久性の高いリフォームを検討します。

    ↓

3 使用する素材と金額を明確にしたご提案書を作成し、最も耐久性の高い素材で価格がリーズナブルなリフォームをご提案します。

推奨外装リフォーム素材

<屋 根>

屋根の塗装は、リフォームの中で最も耐久性が短くなります。強い紫外線や酸性雨などの影響により、現場で塗装した屋根は、良くて10年しか持たないと思っていただいた方がいいでしょう。10年後にはまた、余分な費用の足場をかけて、再度塗装をしなければなりません。
そこでspeaksでは屋根のカバー工法をご提案しております。30年〜40年ほどの耐久性、耐震性を保つ素材を使用し、50歳でリフォームを行っても一生再リフォームの心配がない様施工致します。

推奨屋根材 オークリッジスーパー 高い意匠性と耐久性、軽量性を持った屋根材

認定・保証 Approval & Guarantee

オークリッジ施工例 エステートグレイ
防火認定試験

建築基準法の改正により、「屋根飛び火認定制度」が制定され、平成13年に、海外製品としては初めてこの飛び火認定試験に合格し、その高い防火性能が正式に評価されました。これにより、米国で最もポピュラーな屋根材であるシングル材が日本の防火区域でも安心してご使用いただけるようになりました。

長期製品保証

ウォークリッジスーパーには、その信頼の証として「ライフタイムワランティー」という長期製品保証(制限付き)が付与されていますので、安心してご使用いただけます。半世紀以上の経験と信頼に裏付けされた高度な製品技術によって、長期製品保証を実現いたします。

軽い屋根材
同じ建物に対して同じ揺れの大きさの地震が襲った場合、建物が軽ければ軽いほど、建物にかかる地震の力を小さくすることができます。軽い屋根材を使用することで建物にかかる力を抑え、 被害軽減につなげることができます。よってリフォーム時にはできるだけ軽量の屋根を選択する必要があります。

<外壁塗料>

長持ちする塗料は、以下の4点が大事です。
• 住まいを守る 《通気性》《防カビ・防結露》
• 美観も機能も長持ちする 《耐久性》
• 沿岸部のお住まいでも安心 《耐塩害性》
• 雨水を寄せ付けない 《疎水性》

美観も機能も長寿命

レインシャット5000は静電気を帯びにくい無機系水性塗料です。汚れがつきにくく、当初の美しさが長持ちします。さらに傷や摩耗に強く、機能も長持ち。メンテナンス費用が大幅に節減できます。※水性無機ならではのマットな色合いも特徴です。

建物の劣化を防ぐ疎水・透湿機能
レインシャット5000の塗膜は雨をしっかりはじくうえに、抜群の透湿性があり、壁の中に湿気がこもりません。だから壁体内結露が発生しにくく、建物の構造材が長持ちします。
健康に配慮した安心な彗星無機質塗料

レインシャット5000は水性無機質系ですので、ペンキ臭いニオイもほとんどしません。また、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒド放散量の認定基準をクリア(F☆☆☆☆)していますので安心です。

サディング塗装にもレインシャット5000

建物の外壁は、太陽光(紫外線)、風雨、雪、気温の変化等、過酷な条件下にさらされています。サイディングは表面に耐候性のある塗装が施され、サイディングの間には防水用のシーリング材が施工され建物を保護していますが、これらは永久的なものではありません。そのため、年数を重ねると様々な経年劣化が進み、そのまま放置しておくと不具合につながることもあります。従って美観と性能を保つためには、定期的な点検と早めのメンテナンスが必要となります。適切なメンテナンスは、サイディングのみならず建物自体の老朽化を遅らせ、資産価値の維持にもつながります。

<高耐久性基礎保護材>

1.塗膜は非常に伸び・弾性があり、ヘアークラックが表面化しない。
2.透湿性があるので膨れず、モルタル仕上げの様に白樺や縞模様にならない。
3.モルタル仕上げだと泥汚れがなかなか落ちにくいがフューチャーコートは、泥がついても水洗いで簡単に綺麗になる。
4.基礎の意匠性が上がり建物の価値が上がる。
5.今までに建てた住宅も基礎からのリフォームが可能。
6.約20年メンテナンスフリーの耐久性。

その他、内装材や外装材、基礎耐久性保護材、キレイが続く耐久性の高い自然素材などは、高耐久リフォームに最適です。詳しくは、③環境性能革新、④キレイ革新をご覧ください。

PAGE TOP